亀頭包皮炎の治療 亀頭包皮炎(きとうほうひえん)の症例写真

catch_119.jpg



2013年05月01日

亀頭包皮炎の治療

■亀頭包皮炎の治療


・亀頭包皮炎が発症した場合、痛くない程度まで包皮をむき、
 膿を出して消毒した後、抗生剤をぬります


・亀頭包皮炎の炎症がひどい場合には、抗生剤を内服します


・包皮を剥いても亀頭が出ない状態を真性包茎と呼びますが、
 真性包茎で、繰返し、亀頭包皮炎を発症するケースや、
 おしっこが出にくい場合には、手術が必要です


・子供の亀頭包皮炎の炎症に気づいたら、
 小児科医の診察を受け、抗生剤で治療します


・治癒した後、再発を防ぐため、入浴時には、
 皮をむいて洗います

 特に、汚れた手でペニスを触らないように注意します
posted by スマイル at 16:25| 亀頭包皮炎の治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。